同行と予測

これまでの歴史や変遷

急速に需要が高くなっている鍼治療や鍼灸師とがありますが、このように認識されるようになった歴史のきっかけを調べていきます。 鍼灸師が日本で注目されることになったきっかけとして、鍼治療の安全性が大きな要因となっています。鍼治療では比較的副作用がない治療法であるため、若い方はもちろん高齢者でも受けることが可能となっています。そのため需要が高くなっていく流れとなっており、専門学校などで鍼灸師を目指す方が増えていきます。これが日本で鍼治療が広がっていったきっかけであり、現代では需要が情報していることから求人数も多くなっています。

今後について

鍼灸師は鍼治療を行う専門家となっており、求人に応募する際には専用の資格を所持していることが条件となっています。治療に至って痛みなども少ないため求人数や需要が増加していますが、これが近い将来においてどのように変化するか予測をしていきます。 美容や健康増進に鍼治療が日本で主流となっていますが、それに比例して専門資格を取得する方も増加しています。その背景には専門技術や資格を取得して自分のクリニックを持つ方が増えており、鍼灸師においてもそれが大きく関係しています。なので専門学校などでも年々生徒数が増加しており、鍼治療についてもますます盛んになっていくと考えられます。よって今後の需要についても減少することはないと考えられているため、利用率や利用者も増加していくと予測されます。