どういった仕事か

新聞配達の仕事とお金

新聞配達のアルバイトと言えば、朝早いとか自転車またはバイクで移動しているイメージがあると思います。男性が多い職場ですが、最近は女性も多くいます。体力勝負なので若い人が多いと思いきや、意外に中年の人もいるのが特徴です。 勤務時間は地方によって違います。夕刊がある都心や大都市では朝刊と夕刊の2回分の配達があります。しかし、人口の少ない地方都市は朝刊だけの配達が普通です。もちろん、朝刊と夕刊の両方ある地域でも、片方のみのバイトも可能です。 気になるのはお給料ですが、大体どこの新聞社でも固定です。特に朝刊の配達は深夜から明け方には出勤しなくてはならないので大変ですが、そのぶん給料も平均的な基準よりも高めです。

配達の昔と現代の違い

新聞配達というと、きついイメージがあると思います。確かに、冬の寒い日や台風がきても新聞配達をしなければならないので、大変と言えば大変です。しかし、慣れてしまえば勤務時間そのものは決して長くないので、効率よく仕事をすることも可能です。また、ポストに新聞を投函するという単純作業の繰り返しなので、人との対話やコミュニケーションに自信がない人に向いている仕事です。 今は大型マンションが増えたので、1つの建物に一気に配達をすることもできます。その意味では、一軒家ばかりだった時代よりも配達は楽になったといえます。 昔に比べて新聞を購読する家庭が減ったと言われますが、それでも新聞がなくなることはありませんので、新聞配達はお勧めのアルバイトです。