薬の向上に務める仕事

最近注目されるMRについて

MRとは製薬企業に所属していて、自社が開発や販売している医薬品について医師や薬剤師や看護師などの医療従事者に情報を提供したり、情報収集を行う人のことをいいます。また自社の医薬品を採用してもらえるように働きかける営業的な側面もあります。 MRは製薬企業に所属していることからその年収は高いとされています。そのため他の業種から転職をする人も少なくないようです。実際には、アウトドア関係の会社やスポーツ用品販売の会社から転職をしたという人もいました。 MRの魅力には社会的貢献が高いことや景気に左右されにくいことや福利厚生が充実していることなどが挙げられます。そのため今後も注目される職種の一つに挙げられるでしょう。異業種からの転職組も増えるかもしれません。

車の運転は必要かもしれません

MRは最近とても注目を浴びている職種の一つです。転職先にMRを選ぶ人も少なくないようです。 MRになるにあたって必要なことは常に医薬品の勉強をしていくことです。近年は新しい薬がどんどん開発されているため、新しいものにアンテナを貼っていくことが求められています。 勉強以外に注意が必要なのは車の運転です。MRはほぼ1日中担当の病院や薬局を回っております。また自社の製品などを持ちまわるため車でないと荷物を運べないでしょう。回るところにすべて広い駐車場があればいいのですが、中には狭い駐車場しかないところもあるかもしれません。そのためある程度の運転技術が求められるかもしれません。 中には仕事中に運転事故を起こして、会社内の規則で運転停止を命じられ大変苦労したというMRの方もいたようです。